霊

識子さんが出会った幽霊のお話3つです。普通は「怖い」と感じると思いますが、見えない世界のことが分かっている人からすると「迷惑」なんですね(笑)。幽霊に向かって、「コラー! やめろー!」 と怒鳴るとか・・・怖いのに笑えてきます。

織子さんの子どもの頃のお話です。真夜中に一人で家を出て近くの川の土手に行ったそうです。そこで石を積み帰ってきて眠ったそうですが、大人になってお母様と弟さんとこの話をしていて・・織子さんがムンクの叫びの顔になってしまいます😱

ご先祖様に水をあげているつもりでも、仏壇や神棚ではないところに水をお供えすると、別のものが飲みに来るそうです。織子さん自身も台所に飲みかけの水を常に置いているような状態を作ってしまったことがあり、だんだんと体調が悪くなり病院に行こうかというぐらいになって気付いたそうです。

「水と幽霊」の続きです。織子さんのお祖父様とお祖母様は仏壇に水ではなく熱い緑茶をあげていたそうです。一般的に考えてほとんどの方は成仏されているので、お茶に変えたほうがいいのではないかというお話です。