いろいろなお話

いろいろなお話

以内に抑えるのが良いかと思います。

手相って当たる、識子さんはこう実感しておられます。識子さんには子どもの頃から両手に神秘十字線というスピリチュアルなことや宗教に興味がある人に出る手相があります。識子さんがが5歳くらいの頃、近所にすごく当たる手相見のおじさんがいたそうで、識子さんの将来についても予言しておられました(笑)

識子さんがボランティアで外国人に日本語を教えていた頃のお話です。真剣に学ぶ外国人の方の質問に思わずクスッとしてしまいます。私の好きなコミックエッセイの「日本人の知らない日本語」と同じ世界ですね。

新しい生徒さんのお話です。レンジで「チンする」という言葉はよく使いますが、教科書には載ってないんですね。やはり真剣に学ぶ生徒さんの可愛らしさが伝わってきます。

織子さんは20歳になってから、本来の名前の漢字と異なる漢字を使わなければいけなくなったそうです。子どもの名付けは人によってこだわりポイントが違うのですね。どのように付けた名前でも子どもが「自分の名前が好き」と言ってくれるのが一番いいような気がします。

最初の夫さんと離婚された時のお話です。とても辛かったようですが、この後に幸せになられるので決断されて良かったですね。

織子さんのお友達のケースです。浮気をされて離婚したい人は↑の織子さんの体験を、夫婦を続けたい人はこの例を参考にするといいそうです。

男性は社会生活の中で、とてつもない性欲とずっと戦って生きているというお話です。男性だった方が性転換したらどうなるか・・。男性と女性ってそんなに違うのかと驚きます。